(+86)-0755-89205789丨 sales@stusupplychain.com NVOCC:MOC-NV09192 |FMC:030310

ニュースとブログ

春島、日本の全港ターミナルが運休へ

数ブラウズ:0     著者:サイトエディタ     公開された: 2022-04-15      起源:パワード

日本の労働組合は毎年春に「春闘」活動を行っています。最近では、全国の港の港湾労働者が4月17日(日曜日)に一日ストライキを計画しており、すべての港湾ターミナルが24時間停止される事態に直面している。


日本の春闘は毎年2月から4月にかけて、労働組合と企業(使用者)が労働者の賃上げを求めて交渉し闘う春闘に突入する。


港湾労働者の賃金については日本港湾運送協会(JHTA)と全国港湾労働組合総連合会(日港連)が交渉する見通し。


春刀について


テキサスに本拠を置く3PL物流業者クレーン・ワールドワイド・ロジスティックスの最新情報によると、ストライキは4月17日未明に始まり、24時間後の4月18日朝に終了する予定で、「これは日本のすべての港とすべての港湾労働者に影響を与えるだろう」と述べている。 24 時間以内に完全にブロックされます。」


「春刀」について

春闘は、「春季生活闘争」や「春季賃金闘争」としても知られ、労働者の賃金引き上げを目的に毎年春に日本の労働組合によって組織される闘争です。1954年に和化化学労働総連合会の太田薫委員長がこの訴訟を提案し、1955年に最初の春闘が始まった。それ以来、主要な労働組合が共同で「春闘共闘委員会」を毎年結成している。俊人を導く。それは今や日本の労働運動の一つの定型となっている。春闘は交渉の形をとるのが一般的です。


ソーシャルメディアでフォローしてください
STU Supply Chain は、国際貨物代理店および物流サプライ チェーン管理会社です。
ホームページ
Copyright © 2021-2022 STUサプライチェーン管理(深セン)有限公司